やわらかな香りの線香の紫煙に包まれて葬儀や供養は厳かに進んでいきます。胸に刻むことがとても大切なのです。

大切な故人をしのぶ 葬儀に込める供養の思い
大切な故人をしのぶ 葬儀に込める供養の思い

あとでよかったと思えるような葬儀や供養

PAGETITLE
やわらかな香りの線香の紫煙に包まれて葬儀や供養は厳かに進んでいきます。故人の生前の縁を尊びお悔やみに来る人たちの参列が続くさまを見て、この世での充実を感じ、やすらかに旅立てるかもしれないですね。その参列は愛されていたことの証です。結んだ絆の感謝の気持ちを一層深いものにしていきます。胸に刻むことがとても大切なのです。参列者の想いが目に見えないベールになって故人を覆い尽くし、幾重にも重ねられていくのでしょう。葬儀や供養のことで頭を悩ませることはないのです。完璧にやろうと思わなくてもちゃんと任せるべき業者がいてくれます。かなりをプロの方にお任せして自身は故人との別れの時間に専念すればいいでしょう。二度と来ない貴重な時間、あまり接客的な事に追われていては悲しいですよね。

いろんなことを感じられるようになることが大事ですよね。誰かの話に耳を傾ける余裕が欲しいところです。少し余裕を持ってまわりのことにも視線を投げかけてみましょう。自分が話をせねばならないときも忙しいと自然にはできません。故人を導く役割なんでのですから故人の事に集中することが大切なのです。深い感慨に沈むこともできるのもまわりのサポートがあってのことなので頼るべきところは頼りましょう。静かに時間は過ぎていき、この大切な一時も終焉を迎えます。あとでよかったと思えるような葬儀や供養を執り行えたらいいですよね。故人も喜ぶような状況が一番なのです。

おすすめリンク

Copyright (C)2017大切な故人をしのぶ 葬儀に込める供養の思い.All rights reserved.