最近は、自由葬という形の葬儀を行う人が増えました。どのような形でも故人を偲べるのなら、素晴らしい供養です。

大切な故人をしのぶ 葬儀に込める供養の思い
大切な故人をしのぶ 葬儀に込める供養の思い

どのような葬儀でも故人を偲べるのであれば立派な供養になります

PAGETITLE
葬儀の形は時代と共にかなり変わって来ました。以前のように決まりきった形どおりの葬儀を行わない人達も増えて来ました。オリジナルの、自分達に合った葬儀をする人が増えてきているのです。一般的に昔から行っていたような通夜とか葬儀、告別式などを行うのではなく、納骨まで全て終わってから、故人の親しかった人などを呼んで、どこかスペースを借りて食事会を開いたりするというパターンも増えて来ました。現在、子供の数も少ないですし、その子供も独身のままというパターンが増えました。遠くに離れて住んでいる親子もいます。親戚関係が疎遠な人もいます。そして、かなり長生きする事に成功して、周囲の仲のよかった人達が既に旅立ってしまっている人もいます。そのような、色々な状況があるので、最近は自由な形式の、故人を偲ぶ会が流行ってきています。偲ぶ会ですから、無宗教で、自宅で行う人もいれば、どこか会館を借りて行ったり、そういった自由葬のプランを持つ所のプランの中から選んだりします。堅苦しい感じがないものが多く、参列するほうも遺族などと話しがしやすく、とても評判がよいです。

しかしながら、全ての人にこの自由な形式の葬儀が可能なわけではありません。地域的な事や、その家系の古くからの伝統もあります。故人がまだ若く、現役で、社会的に地位がある場合は、自由な形の葬儀というのは難しいでしょう。また、色々な人が参列する葬儀では、形式通りの葬儀の方が、逆にわかりやすく楽だったりする面もあります。

しかし、どのような葬儀であっても、故人を偲び、心に残るお別れの時になれば、素晴らしい供養になるでしょう。

おすすめリンク

Copyright (C)2017大切な故人をしのぶ 葬儀に込める供養の思い.All rights reserved.